私たち書人が女性に役立つ情報をお届けします

時短と綺麗が両方叶う!!髪の乾かし方を元美容師が教えます

Moe
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Moe
ゆるっと脱力系ズボラライター【略してズボライター】便利に快適に!あなたの心と時間にゆとりをお届けいたします♡
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは Moe です。

あなたは髪を乾かすのが、しんどいって感じたことはないですか?

長い髪を乾かすのに時間がかかってイライラするの。
とにかく早く乾かしたいわ!!
でも、できたら髪の綺麗も保っていたいのよね。

ラブンツェルさん

そうですよね、髪が長いと乾かす時間もかなりかかりますし、イライラしますよね。

うんうん、わかります。

 

ですが早く乾かしたいからといって、急いで適当に乾かしたり、自然乾燥にしてしまうと…
髪はゴワゴワ、ギシギシ、まとまらない髪になってしまいます。

 

そして、せっかく伸ばした髪も、そんな状態なら切ってしまおう。
ということになりかねません。

 

早く乾かしつつ、髪の綺麗を保つ方法はズバリ!
どれだけ傷めないで髪を乾かせるかということです。

 

ということで、元美容師(主にシャンプーと髪の乾かし専門)の私が!

早く乾く髪の乾かし方と注意点、時間がある時の1分簡単ヘアケア

について教えたいと思います。

 

髪の長さにもよりますが、この方法でだいたい2分程の時間短縮ができます。
その時間で洗面所のお掃除だってできちゃいますよ♪

 

こちらは書人【syou】さんが書いてくれた記事です。時短なのに綺麗になれるスキンケア!
忙しくたって綺麗は諦めたくないですよね。

 

早く乾く!髪の乾かし方3ステップ

 

早く乾く髪の乾かし方はこの3ステップです。

ステップ1: コーミングして、水分をタオルでできる限りとる。

ステップ2: 湿気のない場所、空調がきいている部屋に移動する。

ステップ3: ドライヤーは毛の根元から風をあて、密な部分から乾かす。

綺麗に乾かさなくてもいい! とにかく早く乾かしたい!

そう思う方もいらっしゃると思います。

その場合は、この3ステップだけを意識して乾かしてみましょう。

 

ステップ1:タオルドライ&コーミング

 

タオルドライが1番大事です!とにかくしっかり水分を拭き取りましょう。

 

濡れたままの髪を乾かすほど、無駄に時間がかかります。

美容師になってすぐ「とにかくタオルドライをしっかりしてね!」とスタイリストさんに言われることです。

タオルドライ&コーミング手順

① 全体の水分をふく

② クシでとかす

③ 再び全体の水分をふく

④ 根元の水分をふく

⑤ 中間と毛先の水分をふく

クシでとかすことで、水の流れる道ができ、散らばっていた水滴を集めることができるので、効率的なタオルドライができます。

 

全体的に水分がふき取れ、下を向いても水がしたたって落ちてこなければタオルドライはOKです。

 

ステップ2:湿気のない場所、空調が効いている部屋に移動する

 

お風呂から出てすぐの洗面所は、湿度が高いです。

 

湿度が高いと、髪も乾きにくいです。

それは、乾かしているそばから空気中の水分が髪に付着するから。

 

特に暑い夏は、なかなか乾かないな~と感じることはないですか?

湿度が高い+汗をかくので、乾かしても乾かしても髪表面、頭皮に水分が残る状態になります。

これでは、いつまでたっても乾かないですよね。

 

夏なら汗のかかない涼しい部屋に移動する、冬なら暖かい部屋に移動しましょう

空調が手伝ってくれて、洗面所で乾かすよりも早く乾かすことができますよ。

 

ステップ3:ドライヤーで根元から乾かす

 

お待たせしました。ようやくドライヤーの登場です!

 

ドライヤーでの時短は根元を乾かすことです。

根元を乾かせば風の跳ね返りで、自然に髪の中間と毛先が乾いていきます。

 

全体的にまんべんなく乾かすというよりも、パーツ分けをして、一か所づつ乾かしていくと早いです。

毛が密集していて乾きにくい、うなじの部分や耳上から乾かしていきましょう。

 

髪がかなり長い方は、下を向いて髪をバサーっと垂らすと、乾かしやすいです。

セミロングくらいの方はドライヤーを持っていない方の手で髪を持ち上げながら乾かすといいです。

 

ちなみに…なんだけど、ドライヤーについてるノズルって使った方がいいのかしら??

ラブンツェルさん

早く乾かすために広範囲に風を送りたいので使用しなくてOKです。

ノズルは、ピンポイントで風を当てたいブローで効果的に使用することができますよ。

Sponsored Links

早く髪を乾かす時は傷めないように注意

 

早く乾かすのはいいけど、せっかく伸ばした長い髪です。なるべくなら綺麗に保ちたいですよね。

綺麗に保つ…というのは、いつでも簡単にまとまる艶やかな髪ということです。

早く、なるべく綺麗な髪を保つ方法はただ一つ、髪を傷ませないことが大切なんです。

 

①すぐに乾かす

 

できれば5分以内に乾かしましょう。

 

濡れた時間が長ければ長いほど、髪はくしゃくしゃの状態をキープします。

 

洗濯物も洗ってすぐに干さないとシワシワが定着して、干した後もシワシワした状態のまま、なかなか綺麗に干すことができません。それと同じ様なイメージです。

 

タオルを頭に巻いたまま、そのまま気になるテレビを見て…なんてことはないですか?あっという間に5分たってますよ。

 

なるべく早く、髪を乾かしてあげましょう。これだけで、ふんわりとまとまる髪に変わります。

 

②タオルドライ&コーミングは優しく

 

タオルドライは時間短縮のために、しっかりやった方がいいです。

 

ですが、早く乾かしたいあまり、タオルとタオルの間に毛を挟んで火おこしのごとく、ゴシゴシふくのはやめた方がいいです。摩擦で火はつかないものの、ものすごく痛みます。

※これはダメなイメージです。

 

濡れている髪はとてもデリケートで痛みやすいということを覚えておいてください。

タオルドライ
  • 根元はおさえるようにふく
  • 全体的に髪をふくときは、タオルで包み込むように優しくふく
  • 毛の中間、毛先は擦らずおさえるように水分をとる

 

コーミングも同じで、優しくとかさないと切れ毛の原因になります。

クシを使ったコーミング

  • 毛先→ 中間→ 根元 の順に丁寧に髪の絡まりをとる

この時に使用するクシは下の写真の様な、目の粗いジャンボコームにしましょう。

目の細かいクシやブラシは髪を引っ張ることで、髪にダメージをあたえてしまいます。

 

タオルドライに時間を使ったとしても、ドライヤーで乾かす時間が短くなるので、結果的に時短になります。さらに、ドライヤーの熱に髪を当てる時間も短くなるので、熱によるパサつきも軽減することができます。

 

③完全に乾かしきる

 

髪を乾かす時間を短くしたい。

じゃあ、ある程度乾いていればいいじゃん!

と半乾きで髪を乾かすのをやめたくなる気持ちはよくわかります。

 

たしかに放っておけば毛は乾いていきます。

しかし根元が乾いてないという状態になれば、臭い、かゆみなどの頭皮のトラブルにつながります。

 

さらにドライヤーで乾かしきらなかった毛(自然乾燥の毛もそうです)は、切れ毛、枝毛の原因にもなってしまいます。

 

洗いたての髪はキューティクルが開いたままの状態なので、非常にデリケート。

キューティクルとは

髪の一番外側にあるうろこ状のもので、内側の組織を守っています。

引用:kao

 

もし、そのままの状態で寝てしまったとしたら…布団との摩擦で髪はどんどん傷んでいきます。

 

ドライヤーを使うと髪が傷むのでは?と思われがちですが、実は違います。

しっかりと乾かしきることが、髪の綺麗を保つことになるのです。

 

④熱が一点に集中しないように乾かす

  • ドライヤーと地肌の距離を10センチ以上離す。
  • 熱が分散される様に、ドライヤーを左右に振りながら乾かす。

地肌とドライヤーの距離は

最低でも10センチ以上は離して乾かしましょう。

 

髪は主にタンパク質でできています。

タンパク質に高温の熱をあたえると熱変性が起き、髪が傷みます。

熱変性とは

熱が加わることで、物質の性質が変化するという現象。
生卵が熱でゆで卵になる←これが熱変性

タンパク質は特に熱に弱く、髪で言うと…

  • 乾いた髪では130℃以上から
  • 濡れた髪では60℃以上から

熱変性が始まります。

こんなところからも、濡れた髪がかなり傷みやすいとわかります。

 

そして、ドライヤーを左右に振りながら乾かしてください。

美容師さんがよくやってますよね?あれはたんに、かっこつけているわけではないです。熱が一点に集中しない様に、分散しながら乾かしているんですね。

 

ドライヤーは地肌から距離をとり、熱が一点に集中しないように乾かしましょう。

 

私のドライヤーすごい熱い風が出てくるから買い換えようかしら。
どんなドライヤーを買ったらいいの?

ラブンツェルさん

低温で風が強いドライヤーがオススメですよ。

髪を傷めずに早く乾かすことができます。

風の強さは、どのドライヤーも風量「㎥(立方メートル)/分」で表示があります。

最低でも風量1.3以上のドライヤーを買えばいいかなと思います。

 

時間がある時の1分簡単ヘアケア

 

時間がある時にはぜひ、髪をいたわってください。

このひと手間で、さらに美しい髪を手に入れることができます。

日ごろのお手入れをしっかりしておけば、お出かけ前に髪を整える時間も短くなりますよ。これまた時短ですね♪

 

洗い流さないトリートメント

 

今日は時間があるわ♪という方は、洗い流さないトリートメントを使ってみましょう。

それくらいの余裕はあるわよ!って方は毎日つけてください。

面倒くさい!という方は時間がある時、気が向いた時でOK!

それだけで髪を綺麗に保つことができます。

 

洗い流さないトリートメントをつけるタイミングは、タオルドライの後です。

仕上げのトリートメントはつけても、つけなくてもどちらでもOKです。

私は寝る前に仕上げトリートメントはつけません。べたつくのが苦手です。(面倒くさいのもあります)

 

トリートメントのつけ方

① つけすぎ防止のために、両手の平にトリートメントを伸ばしてから髪につけます。

② 根元にはつけない様に、中間から毛先につけます。

③ その後、コームでなじませます。

 

私もさっそく洗い流さないトリートメント買うわ!
でも、いろいろありすぎて迷っちゃう…オススメはあるの?

ラブンツェルさん

トリートメントは髪質に合ったものを選ぶことをオススメします。

  • 柔らかい毛→ミスト
  • かたい毛→クリーム
  • 毛先ダメージ・乾燥→ミルク、オイル

がいいかなと思います。

いろんな種類があるので(香り、ブランド、など)ここらへんは好みです。

 

洗い流さないトリートメントは一本あれば、ドライヤーの熱から守る以外にも、髪を乾かした後の仕上げや、スタイリングなどに使えるので便利ですよ。

 

手櫛をしながらドライの仕上げをする

 

時間がある時には、通常のドライを少し早めに切り上げて、仕上ドライをしましょう。

少し弱めの風で、髪を指の間に挟んで軽く引っ張りながらドライヤーをあてます。

髪を掴んでいる部分を追いかけるように、上から下にドライヤーの風をあてていきましょう。

キューティクルを閉じるイメージです。

 

たった1分この工程をするだけけで、キューティクルが整い美しい髪になります。

仕上げのドライは時間をかけるとオーバードライになって、パサパサになってしますので、本当に1分程で大丈夫です。

 

Sponsored Links

時短と綺麗が両方叶う!!髪の乾かし方まとめ

 

早く乾く!髪の乾かし方3ステップ

ステップ1: コーミングして、水分をタオルでできる限りとる

ステップ2: 湿気のない場所、空調がきいている部屋に移動する

ステップ3: ドライヤーは毛の根元から風をあて、密な部分から乾かす

これで普通に乾かすより2分の時短ができます。

 

早く乾かしたい! でも綺麗に乾かしたい!

そんな方は、髪を傷めないように注意して乾かしてください。

 

早く髪を乾かす時に注意したいこと

① 髪を洗い終わって5分以内にかわかすこと

② タオルドライとコーミングは優しく

③ 半乾きにせず、完全に乾かしきるコト

④ 地肌にドライヤーを近づけすぎない

時間がある時の1分簡単ヘアケア

・ 洗い流さないトリートメントをつけた後にドライヤーをあてる

・ 上から下にドライヤーをあてて手櫛をしながらドライの仕上げをする

 

いつもより早く乾くのに、いつもよりまとまる艶のある髪に変わっちゃうなんて、なんだかお得じゃないですか?

 

髪を乾かす時間を少しでも短く。

でも、できることなら…あの人の髪、いつ見ても綺麗だねって言われたい。

 

そんなあなたの願いを叶えることができれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links

 

書人百花ってなあに?サイトをご紹介!

大人気!書人達が集まるライティングサロン「SNT」

\ サロンメンバー募集中!/

この記事を書いている人 - WRITER -
Moe
ゆるっと脱力系ズボラライター【略してズボライター】便利に快適に!あなたの心と時間にゆとりをお届けいたします♡
詳しいプロフィールはこちら
Sponsored Links
Sponsored Links

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 書人百花 , 2020 All Rights Reserved.