私たち書人が女性に役立つ情報をお届けします

【たんぽぽツアー】芸どころ名古屋にいりゃあせ。にっぽんのどまんなかだなも。

haru
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
haru
夫婦ふたり暮らしのインテリアコーディネーター。 20代・30代とあわただしく働き、いまはのんびり平穏な暮らしを楽しんでいます。茶道と旧暦を軸に日本の伝統や暮らしを大切にしながら、今よりほんの少しゆたかな気持ちになれるアイディアをお伝えします。
詳しいプロフィールはこちら

 

みなさま、こんにちは。haruです。

【たんぽぽツアー】月曜日の今日はにっぽんのどまんなか 愛知県名古屋市から!

 

 

現在は岩手にお住まいのがーこさん (愛知県ご出身)からバトンをいただきました。

▼美しい景色とオイシイものにあふれた「岩手県」をお楽しみいただけるステキなお話です♪

 

さて本日は、『名古屋の(ほんとうは)とってもやさしいところ』をお伝えしたいと思います。

ほっこり、のんびり、お楽しみいただけましたら幸いです。

 

 

名古屋ことばを知っとるかなも。(名古屋弁をご存知ですか?)

昔は京ことばと並ぶ「三大美方言」て言われっとったなも。

 

名古屋弁はとかく汚い、キツイと言われがちですが、上町言葉はそれはそれは上品なものでした。

残念ながらおっとりとした上町言葉は今ではほとんど使われなくなり、町衆の使っていた言葉が、現在耳にする名古屋弁として受け継がれていますが、どちらも味わい深い人情味のある言葉なんです。

 

尾張名古屋(おわりなごや)は芸どころ。

名古屋めしに、武将の生誕地、歴史も芸術も食文化も豊かな住みやすい町です。

 

 

どえりゃぁうまいもんも、シャレた店もたくさんあるでねぇ。

(とってもおいしいものも、オシャレなお店もたくさんありますよ。)

まぁ、ゆっくり話聞いたってちょよ。

(ぜひ、ゆっくりお話聞いていってください♪)

 

世間でウワサされとる名古屋の実態を、生粋の尾張人が教えたるでね。

(世間でウワサの(?)「名古屋の実態」を、生粋の尾張人がお教えしますね。)

知らんまぁに、名古屋を好きになっとらっせるわ。

(気づけば名古屋を、お好きになっていることと思います。)

 

▼再生をクリックして、名古屋弁をお楽しみください。[※注:haruの声ではありません]

haru

2020年9月。

まだまだ遠出や旅行は控えなければならず、ちょっと寂しいですよね。

『言葉の旅で楽しく過ごそう!』

【たんぽぽツアー】ではこれまでにも多くのライターが、旅をしているワクワク感や暮らしているからこそ知っているとっておきトピックスをお伝えしてきました!

 

名古屋からも「歴史・文化」「新しい町の姿」「食」など、もりだくさんの情報をお届けいたします。

名古屋にお越しの方も、そうでない方も、愛するわが町名古屋を知っていただけたら嬉しいです。

★2020年9月28日 新情報 追記しました。

芸どころってなに?にっぽんのどまんなか名古屋。

 

まさか『日本三大都市』のひとつである名古屋をご存知ない方はいない……ですよね?

でも念のため、そう、念のために、おさらいしますね。

名古屋は日本の真ん中あたりに位置する「愛を知る県」、愛知県の県庁所在地です!!

※知を愛すという説もあります。

 

▼愛知県は日本のココ

 

▼名古屋市は愛知県のココ

(愛知県の北西エリア=尾張地方、南東エリア=三河地方と2分され、名古屋市は尾張にあります。)

 

東京・大阪の間に位置する愛知県 名古屋市は人口230万人ほどのまぁまぁ大きな都市です。

(東京23区930万・大阪市270万・札幌市195万・仙台市108万・福岡市160万)

 

しかしながら「名古屋飛ばし」なる憂き目にあう、愛するわが町 名古屋。

まずは歴史に名を残す名古屋人からご紹介いたします!

 

『名古屋飛ばし』とは……

アイドルやミュージシャンのライブ、演劇、美術展などが名古屋を「飛ばして」開催されること。

日本三大都市のひとつであるにも関わらず、福岡 博多・宮城 仙台で開催されている公演が名古屋では行われないことが頻発。

悔しさを胸に、我々名古屋人はこの言葉を使う。

 

名古屋の有名な戦国武将

 

さてどれだけ日本史が苦手な方でも、この3人の武将の名は聞いたことがおありかと思います。

「戦国三英傑(さんえいけつ)」として親しまれている彼らは、そろって『愛知県出身』です。

(えっへん。3人とも出生の地だけど、結局みんな出て行ったことはナイショ。)

 

■織田信長(おだのぶなが)

1534年6月23日~1582年6月21日(享年48歳)

性格は少々乱暴ではあるが、斬新ながら冷静かつ的確な政治手腕は永遠に語り継がれる伝説。

 

この戦乱の世を終わらせるためには、天下統一しかない!

そのためにワシは鬼になったるわ。

たぁけ~、民を苦しめるんじゃなくて、平和な世を作るためだわ。

nobuくん

 現代における『織田信長』とは? 
  • これまでにも数多くの映画、ドラマで演じられてきた「魔王」
  • 歴史上の人気人物ランキングで、かの坂本龍馬氏との熾烈なトップ争いを繰り広げ続ける男
  • 2014年 漫画原作ドラマ「信長協奏曲」で小栗旬さんが二役で演じられていましたね♪

 

 

■豊臣秀吉(とよとみひでよし)

1537年頃~1598年8月18日(享年62歳)

農家の生まれながらも実力で天下を取った「元祖 がんばりやさん」

信長さまに「サル」って呼ばれとったんわワシじゃワシ。

農民から天下人になるためにあんじょぉよぉ、がんばっただわ。

hideくん

 現代における『豊臣秀吉』とは? 
  • 現在の名古屋市中村区の生まれと言われている
  • 知略に優れ、戦上手で天下まで駆け上がった実力にファンは多い
  • 映画「関ケ原」で秀吉役を演じられた滝藤賢一さんが素晴らしい尾張弁を披露されています♪

 

 

■徳川家康(とくがわいえやす)

1543年~1616年(享年73歳)

260年という平和な江戸時代の基盤を築きあげた功績は、世界的に評価されてもよいほど。

かの有名な関ケ原の合戦で勝利して、江戸幕府を開いたんじゃ。

味噌玉を持っとったおかけで、みんな過酷な戦を乗り切れただらぁ。

yasuくん

 現代における『家康』とは? 
  • 功績のわりに「ずるい」「薄情」と言われ、人気がない(むろんファンもいる)
  • 映画・ドラマでは、ふてぶてしそうなイメージで描かれがち
  • 2020年大河ドラマでは、これまでの印象を塗り替える家康役に風間俊介さんを抜擢♪

 

三英傑の中でも「徳川家康」は岡崎市という愛知県でも『三河』エリアの生まれです。

当時は国も違ったので信長や秀吉からすると、同郷のよしみという感覚はなかったかもしれませんね。

 

『三河』地方については、書人chikaeさんが詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

(言葉も尾張とはすこし違うんですよ♪)

 

三英傑を称える『名古屋まつり』

 

2020年は残念ながら中止となってしまいましたが、毎年10月に開催される『名古屋まつり』は、この三英傑に扮した市民が市内を練り歩く、昭和30年から続く名古屋の風物詩です。

名古屋城や東山動植物園などの市営施設が無料開放される、名古屋の太っぱら行事でもあります。

 

▼こちらのTwitterでは、昭和40年撮影の様子が紹介されています。

引用:Twitter

 

■公式Twitter:名古屋まつり

■名古屋城公式HP:特別史跡 名古屋城

■名鉄百貨店公式HP:ナナちゃんの生い立ち

 

三英傑のほかにも、絢爛豪華な山車(だし)や名古屋駅前に君臨する巨大マネキン「ナナちゃん」もパレードしなさる、それはそれは見事な祭りなんだわ。

秋に名古屋に来るなら、名古屋まつりの「まつり行列」を見たってちょぉよ。

haru

 

「芸どころ名古屋」と言われるわけとは?

 

名古屋は「芸どころ」と言われることがありますが、それはなぜでしょう。

話は江戸時代 徳川将軍8代の世に遡ります。

テレビ時代劇の代表作『暴れん坊将軍』として一躍有名になった、徳川吉宗[とくがわ よしむね]が徳川幕府8代将軍です。(在職1716年 ~1745年)

 

この吉宗さんと同じ時代に名古屋をおさめとったのが、第7代尾張藩主だった徳川宗春[むねはる]さんだわ。

今でいうところの愛知県知事みたいなもんだて。

haru

 

財政のひっ迫していた幕府が質素倹約を旨とした「享保の改革」を展開する中、宗春は「民の楽しみ」を一番に考え、縮小されていた芝居などの規制緩和を行い、華やかさで町の人々の気持ちを元気付ける活気のある町(当時は国)づくりを行っていました。

その当時の賑わいが「芸どころ名古屋」と呼ばれるゆえんと言われています。

 

名古屋の伝統・芸能を次世代へつなぐ『やっとかめ文化祭』

 

江戸時代に「尾張徳川家」のおひざもとで磨かれ、新たな感覚を加えながら受け継がれてきた名古屋の伝統・芸能・文化・歴史。

そして今、現代から次世代へ、名古屋人はバトンを渡そうとしています。

 

『やっとかめ文化祭』※やっとかめ=ひさしぶりという意味の名古屋弁

「時をめぐり、文化を旅する、まちの祭典」というキャッチコピーのもと、名古屋まつりの後10月の後半から、およそ1か月にわたり開催される、歴史・文化・芸能にフォーカスした催事です。

 

4つのパートに分かれて市内各地で「楽しみながら学ぶことのできるお祭り」で、観光で訪れた方も、名古屋または近郊にお住まいの方にもお楽しみいただける参加型イベントとなっています。

  • 芸どころ 町なか披露:伝統芸能をストリートからお届けします
  • 芸どころ 名古屋舞台:多彩な「芸」を舞台でお楽しみいただけます
  • まちなか寺子屋:見て・聞いて・体感して学ぶ「名古屋」
  • まち歩き名古屋:名古屋好きガイドさんと歩く名古屋旅

 

いつの時代も色あせることのない『尾張名古屋』の魅力を、ぜひ堪能しにいらしてくださいね。

引用::Instagram

【9月28日追記】

やっとかめ文化祭2020年のスケジュールが公開されました。

YOUTUBEでの生配信もありますので、名古屋以外のエリアのみなさまもぜひご覧になってくださいね!

▼詳しくは公式ホームページをチェック!

やっとかめ文化祭 https://yattokame.jp/

 

 

 宗春のその後…… 

幕府に反するわけではなく、大切にすべきことは受け入れながら尾張藩独自の政策を続けていた宗春ですが、時の流れとともに藩の財政を赤字に導いてしまう事態となってしまいました。

そして26年もの長いあいだ、隠居・謹慎の身となります。

藩政から退いたのちは、現在の名古屋市の繁華街・栄より少し東に位置する「東区・葵(あおい)」のお屋敷にて、将軍吉宗から譲り受けた『朝鮮人参』を大切に育て続け、その後薬草園を作ります。

晩年は茶碗を焼く、絵を描くなど悠々自適に過ごし、69年間の人生の幕を閉じました。

宗春のつくった薬草園「御下屋敷御薬園(おしたやしきおやくえん)」は、尾張藩を再び活性化させた9代藩主 宗睦(むねむつ)の手により引き継がれ、名古屋の医学の発展に貢献したと言われています。

 

Sponsored Links

近未来都市(風) オシャレな名古屋

 

2027年リニアの開通に向けて、名古屋市内では再開発が進んでいます。

古くなったビルの建て替えが進み高層ビルの立ち並ぶ、近未来感のある都市になってきました。

 

なかでも人の集まる「名古屋駅周辺」と「栄」のふたつのエリアの『今』をお伝えします。

 

名古屋駅周辺 通称:めいえき

 

JR東海道新幹線・JR在来線・名鉄・近鉄・市営地下鉄が行き交う総合駅である「名古屋駅」は、愛知県の窓口であり、岐阜県や三重県などの近隣地域への移動起点ともなっています。

建設・建て替えラッシュの続くこのエリアにある、特徴的な2つのビルをご覧ください。

■JRセントラルタワーズ

 

今から20年前、2000年に開業したJR名古屋の駅ビル。

高さ200mを超える2つのタワー(オフィス棟とホテル棟)から成る、超高層ビルです。

ホテル棟には「タカシマヤ」「東急ハンズ」「マリオットホテル」があり、仕事帰りの買い物客や出張や観光で訪れた方の宿泊場所としてにぎわっています。

 

■モード学園スパイラルタワーズ

 

ファッション系専門学校 名古屋モード学園

2009年に商業施設を併設して開業しました。

ぐるりとねじれたデザインの建物は思わず見る者の足をとめてしまいます。

 

 

オフィス街、移動拠点のイメージが強かった名古屋駅周辺ですが、近年の目覚ましい再開発の影響で、さまざまな世代が楽しく過ごすことのできる商業施設も増えてきました。

高級ブランドが並ぶエリアや、若い世代に人気のファッション・ライフスタイルショップ、オシャレなカフェやレストランもたくさんあり、多くの人で賑わっています。

高層ビルの展望台では、美しい夜景を楽しむ人々の姿も見られます。

 

栄・久屋大通公園 さかえ ひさやおおどおりこうえん

 

名古屋駅から東へ2駅、昔から百貨店やファッションビルなどが立ち並んでいる「栄」。

久屋大通公園という南北に長く続く市民の憩いの場も、このエリアにあります。

日本初の集約電波鉄塔として建設された「テレビ塔」は名古屋を象徴する「顔」のひとつです。

(国の登録有形文化財にも認定されているんですよ)

 

 

久屋大通公園は、これからの名古屋の新たな観光資源として生まれ変わります。

2020年9月18日オープン。

 

「RAYARD Hisaya(レイヤード ヒサヤ)」という名の日本最大級の「Park-PFI制度」事業として展開する、4つのゾーンに分かれた南北約1kmの公園です。

【4つのゾーン】

  • 大型芝生広場を擁する『学びの森』
  • 小径のそぞろ歩きを楽しむ『アーバンリゾートゾーン』
  • 日常をより豊かにする『コミュニケーションゾーン』
  • 名古屋の魅力を発信する『新たなシンボルゾーン』

 

公園内には商業施設も多数併設され、利用者の「ユルユル」「ワクワク」「ニコニコ」「ウキウキ」をサポートするプラットフォームとなっているとのこと。

 

Park-PFI制度 とは

2019年の都市公園法改正により設けられた。

飲食店・売店等の公園利用者の利便向上施設の設置、収益の活用による利用者への還元(公園施設の整備・改修など)を行う物を公募により選定する制度のこと。

 

【2020年9月28日追記】

ついにオープンした『RAYARD Hisaya-odori-park』へ、さっそく行って参りました!

テレビ塔、こんなにかっこよかったんだぁと改めてドキドキ☆彡

オシャレ!

オシャレ!

オシャレ!

ミストの演出もとっても幻想的で素敵でした。

芝生エリアでは、のんびりと会話を楽しむカップルやテント、レジャーシートを広げてくつろぐ家族で賑わっていました。

都会のど真ん中とは思えないほど、ゆったりとした時間を楽しむことができます。

 

テントの貸し出し(500円)もあり、みなさんパーソナルな時間も満喫なさっています。

 

秋晴れの土曜日ということもあり、多くの人が訪れていましたがソーシャルディスタンスに対しても、細やかに配慮があり、貸出テントなどももちろんきちんと消毒されているので安心です。

 

まだまだ気を許せない日々は、名古屋はもちろん全国で続いていますね。

でも美しい青空のもと、たくさんの笑顔にあふれた光景はとても心地よいものでした。

 

名古屋へお越しの際は、ぜひお立ち寄りいただけましたら嬉しいです。

 

▼レイヤード久屋大通り公園 公式ポータルサイト

https://rhp.nagoya/

 

▲テレビ塔から見た改装前の久屋大通り公園

 

そして、テレビ塔の隣に位置するのが「オアシス21」

  • 屋上階の水の宇宙船
  • 地上階の緑の大地
  • 1階のバスターミナル
  • 地下階の銀河の広場

この4つの施設が一体となった公園です。

屋上階の「水の宇宙船」はだれでも無料で入ることができる絶好のフォトスポットです!

 

■公式HP OASIS21

 

栄エリアの再開発の全容は、暮らしている私たちにもまだ見えていません。

昔ながらのビルや街並みが失われてしまうのは少しさみしくもありますが、街がゆたかに発展し、人々が笑顔で集まれる環境が整えられる様子はワクワクします。

暮らす人、仕事や観光で訪れる人、たくさんの人が心地よく過ごせる街「名古屋」

 

機会があれば、ぜひ遊びにいらしてくださいね。

 

名古屋めしはでらうまいでね。

※チンチン=アツアツという意味の名古屋弁

 

お待たせいたしました!!やはり「うまいもの」情報は必須ですよね。

さてさて、かの有名な(?)「名古屋めし」と言えば……

  • 味噌カツ
  • 味噌煮込みうどん
  • きしめん
  • 台湾ラーメン
  • 手羽先

枚挙にいとまがありません。

情報誌を開けば、たくさんのお店が紹介されています。

 

有名な「なごやめし」の店も、でらたくさんあってオススメだわ。

でも今回はせっかくだで「名古屋人がよお行っとる店」を紹介するわな。

haru

 

喫茶文化の町 名古屋といえば

 

愛知県は「喫茶店」がとても賑わっているのはご存知でしょうか?

休日の朝は家族で喫茶店、というのもよく聞く話。

それというのも名古屋独特の喫茶店文化があるからです。

 

  • モーニングサービス

コーヒー1杯に、トースト・ゆで卵・サラダ(時には味噌汁まで!)がついてきます。

(そしてそれはもう当たり前だと思っていたので、他のエリアでお金を取られた時の衝撃は忘れられません。)

  • コーヒーのオマケ菓子

コーヒーをオーダーすると、ナッツ・クッキー(時にはパンケーキまで!)がついてきます。

(そしてそれはもう当たり前だと思っていたので、コーヒーしか出なかった時の衝撃は忘れられません。)

 

こんなサービスがあったら、通ってしまうのも不思議ではないですよね。

喫茶店の「数」では大阪の方が多いそうですが、家族で通うのは名古屋独自の文化かもしれません。

 

では、数ある名古屋の喫茶名店の中でも、有名かつ愛され続ける「コメダ珈琲」をご紹介いたします!

 

全国47都道府県のみならず、海外進出も果たした名古屋の名店。

1968年創業、赤いソファとウッド調の内装は名古屋人の心のふるさとです。(たぶん)

 

▼閑静な住宅街の中にある「本店」

▼コメダと言えば、大人気の「シロノワール」

 

名古屋にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。(名古屋中のあちこちに店舗があります。)

いまや全国的に人気のコメダ珈琲ですが、地元名古屋のココに集まる人たちの「名古屋弁トーク」は、異国感すら漂い、旅気分を盛り上げてくれることでしょう。

■本店

愛知県名古屋市瑞穂区上山町3-13

TEL:052-833-2888・FAX:052-833-2888

06:30〜23:30

■コメダ珈琲 公式Twitter:https://twitter.com/KomedaOfficial

 

大衆居酒屋で名古屋人と呑む 老舗「大甚」 だいじん

 

「名古屋めし」を専門店で楽しんでいただくのもよいですが、せっかくなら名古屋人が通う店で、地元の空気を感じながら一杯ひっかけませんか?

まずご紹介するのはコチラ、名古屋の老舗 創業明治40年の「大甚」です。

昭和の巨匠 池波正太郎氏も通ったという名店で、御園座(みそのざ)という劇場の近くで営業されていることから、多くの俳優さんたちにも愛されたと言われています。

 

引用:Instagram

関連ランキング:居酒屋 | 伏見駅丸の内駅大須観音駅

 

どて煮を愛するDEEPな名古屋カルチャー 串カツラブリー

 

続いてご紹介するのは、味噌おでんと串カツの店 行列必至の「串カツラブリー」

どてと一緒に煮込まれた味噌おでんは、名古屋人の食文化の原点。

甘辛く味付けされた八丁味噌で煮込まれた、味噌おでんを堪能できる店です。

 

引用:Instagram 

関連ランキング:居酒屋 | 久屋大通駅栄町駅栄駅(名古屋)

 

やさしい名古屋 あったかい名古屋 どて屋のトラとミケ

 

我々名古屋人にとって「八丁味噌」はなくてはならない食材です。

▼八丁味噌とは

八丁味噌は、岡崎城から西へ八丁(約870m)の距離にある岡崎市八帖町(旧・八丁村)で、江戸時代初期より、旧東海道を挟んで向かい合った2軒の老舗が伝統製法で造り続けている豆みその銘柄です。大豆と塩のみを原料に、大きな杉桶に仕込み、天然の川石を山のように積み上げて重石とし、天然醸造で二夏二冬(ふたなつふたふゆ)以上の間熟成させます。 味は大豆の旨味を凝縮した濃厚なコクと少々の酸味、渋味、苦味のある独特の風味が特徴です。

引用:カクキュー

 

甘辛く味付けされた八丁味噌で煮込まれた「どて煮」や「味噌おでん」は、名古屋人の心をあたたかくしてくれる郷土料理。

 

実は、名古屋人は「保守的」で「よそ者に冷たい」と言われてしまうことがあります。

ほんとうは自分たちの生まれ育った土地を愛し、大切にしている、あったかい人柄の方ばかり。

 

そんな名古屋人のやさしさを感じる物語を、最後にご紹介します。

『トラとミケ いとしい日々』

『トラとミケ2 こいしい日々』

 

名古屋(繁華街からすこし離れた町)を舞台に「どて屋」を営む、トラとミケという姉妹のお話です。

地元の商店街に集まる人々が通うトラとミケのお店でのなにげない日常が、名古屋弁で描かれます。

 

すこしホロリとするような人情味のある名古屋

 

おうち時間が増えてすこしさみしく感じられるひとときに、名古屋人のハートウォーミングな愛を感じていただけるステキな物語、やさしい色使いでほっこり優しい気持ちになること間違いなしです。

ぜひお手元でお楽しみください。

書籍のご購入情報はコチラから。

■小学館 紹介ページ https://www.shogakukan.co.jp/books/09396544

■作者 ねこまきさんのブログ:https://ameblo.jp/nekomaki/

 

引用:YouTube 

 

独特の味噌文化の根付く「名古屋めし」

今回ご紹介きれなかった、たくさんの「おいしい」も、ぜひ実際に味わいにきてくださいね。

 

Sponsored Links

【たんぽぽツアーMONDAY】愛知県 ご紹介のまとめと次回のお知らせ

 

 

転勤などで名古屋に来られた方にお話を聞いてみると、みなさん口をそろえて「住みやすい」と言ってくださいます。

観光地が少ない、名所がない、口が悪い、運転が荒くて怖い、などの声を耳にすることもありますが、一度ふところに入れば、とっても居心地のよい町です。

 

そんな名古屋を3つのトピックスでお話しして参りました。

(1)

名古屋の『歴史・文化』
  • 名古屋の生んだ「三英傑」
  • 三英傑と練り歩く「名古屋まつり」
  • 「芸どころ名古屋」の由来
  • 名古屋の芸能・文化を次世代へつなぐ「やっとかめ文化祭」

 

(2)

名古屋の『今とこれから』
  • 名古屋駅周辺の特徴的なビル
  • 栄エリアと生まれ変わる久屋大通公園

 

(3)

名古屋の『おいしい』お話
  • 名古屋の喫茶文化 コメダ珈琲
  • 名古屋の大衆酒場1 大甚
  • 名古屋の大衆酒場2 串カツラブリー
  • 名古屋のやさしさ トラとミケ

 

 

今回ご紹介しきれなかったステキな場所も、もっともっとたくさんあります。

名古屋を知っている方も、そうでない方も、気づけば好きになっていただける町だと思います。

 

名古屋は観光だけでなく、お仕事でいらっしゃる方も多い町。

観光でいらした方も、お仕事で立ち寄られた方も、就職や転勤などで名古屋に暮らすことになった方も、ぜひ今日ご紹介したことを思い出しながら、名古屋LIFEをお楽しみいただけたら嬉しいです。

 

名古屋で待っとるでね~!

★名古屋弁 音声協力:Radio Rueda

 

 

さて【たんぽぽツアー】はまだまだ続きます。

そしてついに、海を越えます!!!

名古屋からのバトンは、遠く10,500km離れたカナダへ。

 

来週月曜日、一週間のはじまりは 書人Marieさん!

海外でのたくさんの経験を通してキラキラ輝くステキなライターさんです。

【たんぽぽツアー】初の海外記事、どうぞお楽しみに!

 

 

そして、次のたんぽぽツアーは 9月16日水曜日公開です。

週の真ん中、元気がでる旅のお話をお楽しみに!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Sponsored Links

 

書人百花ってなあに?サイトをご紹介!

大人気!書人達が集まるライティングサロン「SNT」

\ サロンメンバー募集中!/

この記事を書いている人 - WRITER -
haru
夫婦ふたり暮らしのインテリアコーディネーター。 20代・30代とあわただしく働き、いまはのんびり平穏な暮らしを楽しんでいます。茶道と旧暦を軸に日本の伝統や暮らしを大切にしながら、今よりほんの少しゆたかな気持ちになれるアイディアをお伝えします。
詳しいプロフィールはこちら
Sponsored Links
Sponsored Links

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 書人百花 , 2020 All Rights Reserved.