私たち書人が女性に役立つ情報をお届けします

寝かしつけで寝落ちのイライラに悩むママへ。心も体も楽になろう♡

tanachu
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
tanachu
物流業で10年程OLをしている2児の母でライターの30代。 本業はいわゆる専門的な事務職で、世間に通用するようなスキルはあまり磨けず・・ズボラに時短で家事をこなす術だけが磨かれていきます(笑) ワーママや日々忙しい主婦に向けて、気軽に読めて生活が楽しくなる文章をお届けしたいと思います!
詳しいプロフィールはこちら

 

初めまして!たなちゅうです。

 

1歳と4歳の2児母であり、本業ありの副業ライターとして活動しています♪

 

実はわたし、1人目育児の時は頑張りすぎて、ストレスで免疫力が低下し、丹毒という病気になりました(汗)

 

読者様は家事育児仕事、など疲れすぎてはいませんか?

 

育児の中で、イライラポイントの1つである寝かしつけを無理せず解決することでかなり体が楽になりますよ♪

「あ〜子供は寝たけど、私ももうこのまま寝たい・・・でも皿洗いがまだ残ってる(泣)」

 

「昨日も寝かしつけのまま寝ちゃった。最近自分の時間が持てないなぁ。」

 

今日からこんな悩みとはおさらばしましょう!

 

ママの元気と笑顔がこどもたちにも1番♪

 

この方法を実践して、パパ派だった娘が、いつの間にかママだいすき派になりました♡

 

寝かしつけで寝落ちのイライラから解放されたいなら、一緒に寝て朝活!

 

寝かしつけのための対策、色々ありますよね。

  • 携帯やテレビは寝る直前は見せない
  • 寝る時間が近づいたら照明を暗めにしていく
  • 子どもが眠くなる本を読む
  • 日中の活動量を増やす
  • 安眠グッズを用意する(ぬいぐるみやタオル)
  • 入眠する前の儀式を決める(読書・トントンなど)
  • 朝早く起こす

寝かしつけのイライラで悩んでいるママならすでに知っていることもあるはず。

 

でも本当にその方法で子どもがスムーズに寝ますか?

 

照明を暗くしただけでは子どものテンションはあがる一方。

 

眠くなる本は、寝るまでひたすらにだらだら長い文章を読まなくてはいけません。

 

テレビを見せないなんて、そんな無茶な!

 

1人目育児で仕事と両立していた時は寝たふりをして、「寝落ちしてしまった時のためにタイマーをつけておく」方法をとっていました。

 

疲れた体で寝落ちした数十分後に、家事のために起きるのかなりの苦痛です。

 

寝かしつけに1時間かかった日には、家事を再開するのはいったい何時の話でしょうか・・・。

 

色々実践してみた結果、2人育児が始まってからはストレスが溜まらない方法にシフトしました。

 

それが「子どもと一緒に寝て朝活をする」方法です!

 

「寝落ち」ではなく「積極的に寝る」のです。

 

どんなメリットがあるかお話してさせてください♪

 

 

イライラせずに眠れる

とにかく寝かしつけのイライラの削減をできるということが1番大きいです!!

 

子育てで爆発してしまうのって、なぜでしょうか。

 

何か1つのこと、というよりはつもりにつもったストレスが原因ということの方が多いですよね。

 

ただひたすらに子どもが眠りにつくのを待つのは、かなり精神的に疲れます。

 

子どもに「おやすみ」と宣言してから何もしゃべらず、そのまま眠ることで何もストレスがありません。

 

経験上、子どもも問題なく知らぬ間に寝ています。(自分が寝てるんだから、当たり前か。)

 

寝かしつけに当てていた時間を睡眠時間に変えられる

イライラを感じているママは1時間近く寝かしつけをしているのでは?

 

ちょうど美容のゴールデンタイムに当たる寝かしつけの時間を睡眠に当てられたらどれだけいいでしょう♪

例えば21時に寝かしつけを始めて22時から自分の時間を取れるとします。

 

24時就寝として、読者様の自由時間は2時間ですね。

 

7時に起床したら、睡眠時間は7時間です。

子どもの寝かしつけと一緒に21時に寝たとしたら?

 

私は5時に起床できます。(外が暗めでまだ寝てたい気持ちはありますけどね!)

 

通常起床していた7時までに自由時間が2時間もてます!

 

睡眠時間は8時間!

 

夜やっても、朝やっても、活動時間は変わらない!!

 

それどころか睡眠時間が増えています。

 

私のように必ずしも8時間も寝る必要はないので、4時起きも可能ですよね。

 

私も少しずつ体を慣らして4時起きまで持っていこうと思っています。

 

 

体調がよい

とにかく夜更かしで時間を作っていた時より体調がいい!

 

医学的なことは分かりませんが、やってみた結果、体のだるさがなくなったんです。

 

私は酒飲みなので、夜のお酒の量が減るというメリットもあるかもしれません。

 

寝るべき時間に寝れるという利点もあってか、いつも眠くてだるいという感じだったのがなくなりました。

 

どうしても眠くなってしまった時には、お昼に10分程度お昼寝すれば、バッチリ元気に復活します!

 

寝ると決めておけば腹をくくって家事ができる

「寝かしつけてから家事を終わらせる。」

 

と考えているとちょっとダラダラしてしまう時間が生まれがちです。

 

悪いことではありません。

 

子どもとの触れ合いの時間にもなっているかもしれませんね。

 

でもママの笑顔なくしては、家庭の平和は生まれません。

 

ここは心を無にして子どもがダラダラご飯を食べている間にでも、お皿洗いを進めるのです。

(食洗機にいれるだけがいい)

 

食後、子どもと遊んでいるフリをしながら、おもちゃを片付けるのです。

(片付かなくてもいい)

 

洗濯干しは、できれば乾燥機に任せるのです。

(アイロンはしなくていい素材がいい)

 

限られた時間の中で家事をこなすには、できれば家電に頼るのが時短だと思います。

 

多少高いお買い物になっても、購入することによって時間を捻出できます。

 

こんなにコスパがいいことはないです!

 

お金の面でも、気持ちの面でも、腹をくくって家事をした方がママの笑顔で家庭はより、幸せになります。

 

朝時間に限りがあるので、集中できる

夜の自由時間は、自分の許容次第でいくらでも夜更かしできるので、やはりダラダラしがちです。

 

比べて朝の自由時間はやれ「子どもが起きる時間」、やれ「出勤の時間」に迫られお尻の時間が決まっているはずです。

 

必然的にやりたいことがある方は、計画をたてて集中して取り組むことができますよね。

 

「1時間以内にこれをやる!」と決めると意外とできてしまうものです。

 

Sponsored Links

あなたは何をしたい?寝落ちを朝活で解決して得る自由な時間

 

今まで自由な時間がほぼ取れなかったのであれば、やりたいこと、たくさんありますよね。

 

その中でも「明日の朝はこれをやろう!」と明確にしておくと、サボることなく目覚めることができますよ!

 

眠りに落ちる時も明日の朝が楽しみで仕方なくなって、いいことづくめです♡

 

読書

育児書や小説、たまにはママだってファッション雑誌♡・・・

 

買ったはいいけど積ん読(つんどく)になってませんか?

 

読みたい気持ちはあって、手元にあってもついつい後回しにしがちな時間ですよね。

 

誰にも話しかけられることなく、自分の世界にのめり込んで読書タイム。

 

優雅です。

 

ヨガ・運動・ラジオ体操

子どもが寝ている時間とはいえ、「ランニングに出かけるのはちょっと・・・」と思う人もいるかもしれません。

 

家でできる、ちょっとした運動はいかがですか?

 

オンライン授業での朝ヨガは1回500円〜とお手軽なお値段で開催されています。

 

オンラインレッスンを予約することで朝起きるモチベーションにも繋がりますね!

 

オンラインはちょっとハードルが高いと感じるなら、わたしの大好きな竹脇まりなさんの動画をぜひ試してみてください♪

 

引用:YouTube

 

ダンスや筋トレ動画なのですが、マンションでもOKな様にドタバタしない仕様になっているので朝でも活用できます。

 

子どもの頃は普通にできたラジオ体操も、このお年頃になってくるとかなり全身に効きますよ(笑)

 

勉強

英語など、いつかやりたいと思っていた勉強、明日から始めましょう!

 

英会話も24時間対応可能なDMM英会話をはじめ、朝5時〜でも対応してくれるオンラインレッスンもあるようです。

 

脳科学者である茂木健一郎さんは朝起床してから3時間は脳が最も効率よく働くゴールデンタイムと提唱しています!

 

朝時間で効率よく、学びを深めてみては?

 

副業・在宅ワーク

お昼の情報番組なんかでも、最近よく特集してますよね。

 

「主婦がハンドメイド作品を売ってネットフリマサイトで月○○万円稼ぐ!」みたいな話。

 

これ、朝の1時間でもあればできるんですよ!

 

私も以前ネットフリマサイトで主に古着を売っていました。

 

自分が着たいなと思う服を古着屋で安く見つけて売るだけです。

 

買った服が気に入れば自分で着てから売ったりもしていました。

 

1時間あれば4〜5品は出品できるので、毎日続ければ結構いいお小遣いです♪

(値段設定など間違えなければ、ちゃんと売れますよ!)

 

今はウェブライターとしての執筆のために、朝活をしています。

 

他にも動画編集やYouTubeのサムネイル作りなんかも、今熱いみたいです!

 

ゆっくり○○

あ〜!!もうこんな項目何にでも当てはまってしまうのですが、やりたいことが多すぎて書ききれないのです。

 

  • ゆっくり映画
  • ゆっくりお風呂
  • ゆっくり朝食
  • ゆっくり美容
  • ゆっくりダラダラ

 

 

せっかく作った自分時間です。

 

家事はなるべく時間を決めて始めましょう

 

ちょこちょこ手を出したくなる気持ちを抑えてくださいね!

 

また、せっかく早く起きたのに、子どもも起きてくるという現象がままあります。

 

子どもは眠くてボーッとしているので、「ママは朝活中♡」と宣言して、自分時間に集中しちゃいましょう♪

 

Sponsored Links

寝かしつけで寝落ちのイライラを朝活で解決して、最高の1人時間を♡

 

イライラする前提でお話してきてしまいましたが、しっかりと子どもと向かい合って話をしたり、本を読んであげたり、とても大事な時間ですよね。

 

せっかくのスキンシップの時間を、イライラに使ってしまうのはもったいないです。

 

今回私は子どもと一緒に寝て朝活をする方法をおすすめさせて頂きました。

 

子どもと同じ時間に寝て朝活するメリット

  • イライラせずに眠れる
  • 寝かしつけに当てていた時間を睡眠時間に変えられる
  • 体調がよい
  • 寝ると決めておけば腹をくくって家事ができる
  • 朝時間に限りがあるので、集中できる

 

子どもと同じ時間に寝ることで得る、自由な時間でできること

  • 読書
  • ヨガ・運動・ラジオ体操
  • 勉強
  • 副業・在宅ワーク
  • ゆっくり○○

 

 

もちろん朝活以外の方法でも、読者様の1番ストレスのない方法を見つけられるのがいいですね。

 

睡眠時間を削ってトントンしなくても、腰痛を抱えて抱っこしつづけなくても、

 

「愛してるよ♡おやすみ(hug)♡」

 

の一言でママの愛は伝わりますよ!

 

最後までお読み頂きありがとうございました♪

 

 

 

Sponsored Links

 

書人百花ってなあに?サイトをご紹介!

大人気!書人達が集まるライティングサロン「SNT」

\ サロンメンバー募集中!/

この記事を書いている人 - WRITER -
tanachu
物流業で10年程OLをしている2児の母でライターの30代。 本業はいわゆる専門的な事務職で、世間に通用するようなスキルはあまり磨けず・・ズボラに時短で家事をこなす術だけが磨かれていきます(笑) ワーママや日々忙しい主婦に向けて、気軽に読めて生活が楽しくなる文章をお届けしたいと思います!
詳しいプロフィールはこちら
Sponsored Links
Sponsored Links

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 書人百花 , 2020 All Rights Reserved.