私たち書人が女性に役立つ情報をお届けします

もも

 

はじめまして。もも と申します。

プロフィールまでご覧くださりありがとうございます。

 

私は少し前まで私立大学で教員をしていました。

今はフリーランスの管理栄養士として活動しています。

 

大学では、保育士を目指す学生さんや、栄養を学びたい社会人の方に講義をしていました。

時々、幼稚園や小中学校で食育に関する講演もおこなっています。

 

博士号をとる前は、大学院に通う傍ら生活習慣病のクリニックに勤務し栄養相談を行っていました。

 

 

「食べること」に悩む人の助けがしたい。

 

2000人以上の患者さんと話しながら、1000人以上の学生さんに授業をしながら、ずっと思っていたことがあります。

 

食べることって本来とっても楽しいことなのに、「健康」だの「食育」だの言われるようになって、時々ちょっと苦しかったり大変な気持ちになりませんか?

 

管理栄養士で医学博士、ペーパーですが保育士の資格までとった私は、建前としての「理想的な食生活」はよーくわかりますし、栄養が身体に与える影響も充分にわかっています。

食事が身体や心にどれだけ大切なことかもよくわかっています。

 

 

でも、パティシエの友人が作ってくれた美味しいお菓子は糖尿病を持つ身内にももちろん食べさせたいし、一生懸命手作りした食事を子どもが食べなくて怒ることだってあります。

手作りおやつの調理実習をした夜に、幼い息子たちと市販のチョコレートを楽しんだりもしています。

 

 

だからこそ、そんな理想と現実のギャップに共感し、話した相手が一番HAPPYになれる方法はなんだろう?と一緒に考えられるような、寄り添った栄養指導・授業を目指してきました

 

 

一番伝えたいこと。HAPPYになれる食生活情報。

 

そんな風に思いながら患者さんや学生さんと接していると、いつも言われるんです。

そんなこと全然知らなかった。もっと前に知りたかった。」と。

 

それだけ、食事のことって小難しい知識ばかりが先行しているんですよね。

 

そして、一般的な社会人は、病気になるまで「栄養」の専門家と接する機会はほとんどないんです。

 

 

だから、栄養に興味があってもなくてもたくさんの人に、「使える」栄養の知識をわかりやすく発信したい!

発信を通して世の中をHAPPYにしたいと思い、ライターを始めました。

 

 

食べることに悩む人の心が少しでも軽くなるような情報をお届けしたいです。

 

よろしくお願いします。

 

ここまで栄養について長々と語ってしまいましたが、やりたがりな性格で色々やってきたので、栄養とは全然関係ない情報も時々発信したいと思います(笑)。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

Copyright© 書人百花 , 2020 All Rights Reserved.