私たち書人が女性に役立つ情報をお届けします

risa

 

書人百花へようこそ!

 

ここは百花繚乱、それぞれの個性や特技を生かした書人が輝くステージです。

魅力的な個性を持つ書人たちに触発され、私、risaも、未知なる可能性を表現すべく、ワクワクしながらライティングに向き合う書人の一人。

 

そんな私、以前はウエディングドレスのデザイナーでした。

あれは小学低学年、テレビドラマの影響を受け

 

「将来は絶対にデザイナーになる!!」

 

誓いを立てたその日から、揺るぐ事無く夢を持ち続け、まさかの就職氷河期ど真ん中にあっても、氷河を溶かす情熱で、ウエディングドレスのデザイナーとして就職しました。

 

頭の中で完成されたイメージを二次元のデザイン画に描き起こし、それを立体に仕上げていく。

 

思いをかたちにする作業は、新しい世界を知るような、新しい自分に出会えるような、ワクワクとした気持ちにさせてくれました。

 

  • 好きなことは絶対に実現させる
  • 思いをかたちにする

 

こんな特性のある初期設定をもとに、私の事を少しだけお話させてください。

 

趣味を実装し続けるアラフィフ

結婚を機に退職するも、趣味を通して思いをかたちにする事は徐々にエスカレートし(?)

気に入ったコートが無いときは、自分のコートを作り、

子供達用にカスタマイズしたボストンバックや、旦那の仕事用の鞄を作り、

それぞれの子供たちのジーパン、シャツ、ワンピース、靴下、下着なども

 

作ったら面白いんじゃないかな♪

 

そんな面白がり精神は服作りにとどまらず

格闘技(実技を含む)、DIY、 料理(手ごねパン、タイ料理など) 自己流タイ語習得、

酒場でのエンジョイコミニケーション(知らない人と乾杯!または一期一会の身上話の聞き役&突っ込み)

筋肉をほぐし、骨格を変える美容法などなど

写真は子供の大量のおもちゃの置き場所に困ったある日、ふと思い立つと同時に、180㎝以上もある木材を何本も抱え長男と徒歩で持ち帰り、一人で組み立てました。

 

「家の中に家があると面白いかも♪」

 

そんな思い付きで気づけばインパクトドライバー片手に作業していました。

 

そうこうしていると40代も半ば、飽くなき趣味への探求は、宇宙の加速膨張のように勢いを増し、ワクワクすることへの嗅覚に磨きがかかった、そんな時です。

 

ライティングとの出会い

時はwith コロナ、外出もままならず、趣味のタイ料理に忙しくしてる、そんな時でした。

(写真は青パパイヤ10㎏を石垣島から取り寄せ、納得のいくソムタムが出来るまで、毎日専用の臼(うす)を使い作って食べていました。家族は誰も食べませんでした…ナンプラーの香りがダメだそう)

YouTubeでホラーゲームを鑑賞する趣味が新たに実装されたある日、こんな文字が画面に現れたのです。

 

「ライティングで稼ぐ方法、教えます」

 

ライティング?照明が稼げるの?需要あるの?

そんな疑問と同時に、私の磨きのかかったワクワク嗅覚が反応したのです。

 

すぐさまライティングの事を調べ、指数関数的に増加する興味を、気が付けば根こそぎ、こちらのオーナー、ケントさんにぶつけていました。(募集期日過ぎてたんですけどネ!)

 

と、ここまで書いてなんですが、見切り発車な行動だなぁ。と我ながら思うものの。

 

善は急げ!思い立ったが吉日!精神で、ライティングの面白さを綴っていけたらと思います。

 

本質と観念について

ここからは少しまじめに、言葉を扱う私の思いをお伝えしたいと思います。

「美しい『花』がある、『花』の美しさという様なものはない」

                            小林秀雄

日本の文芸評論家である小林秀雄に、言及するとは恐れ多いですが

言葉を扱う者として心にとめている事があります。

 

「美しい花」という本質に、「花の美しさ」を形容する言葉を、各々の観念と照らし合わせ言葉を選び、再構築してみても、目の前の「美しい花」はその姿を見せることはない。

 

美しい花、そのものを見ようとするとき、言葉は目の邪魔をする。

 

しかし、人間とは厄介な生き物で、その美しさを形容したい、誰かに伝えたい。

言葉はその役目を担い、文章として姿を整え、誰かの心を動かす。

 

私は本質を見極め、言葉の意味を探り、正しく姿を整えた文章を届けたい。

 

心を動かそうとは思いません。

 

正しさを、正しいまま伝えたいのです。

 

そして、話された言葉は残らないけど、書かれた言葉は残っている。

真実を語る言葉は、必ず残ると確信しています。

ライティングにその可能性があると、ワクワクしています♪

 

書人達が、銘々の場所でそれぞれの花を美しく咲かせるここ、書人百花で

 

本当の事を、正しく伝えるライティングを心がけています。

 

ライティングという新しい世界で、思いをかたちにする私のその後は、また別の記事でお会いできれば嬉しいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

Copyright© 書人百花 , 2020 All Rights Reserved.