現場叩き上げのSEOライター集団の情報発信サイト

【スキマ活用】ズボラママでも出来た!やりくり術とモチベの秘訣とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元保育士の主婦ライター。現在は、育児に奮闘しながらライター業を開始。 保育士資格・幼稚園教諭免許状保有。趣味は、小学校から習っているダンス。心と身体の健康を模索しながら、スタイル&体力の維持を研究中。「子どもとの時間を大切に」し、在宅で稼ぐことが目標です。
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!RINZUです!

毎日お仕事や、家事育児…。皆さまお疲れ様です!

 

慌ただしい毎日の中、ちょっとしたスキマ時間を活用したいと思ったことありませんか?

例えば、

「家事と家事の合間のスキマ時間」

「待ち合わせ場所に早く着きすぎて余った時間」

「急に予定がキャンセルになった時間」

「赤ちゃんが寝たスキマ時間」など。

 

あれ?結構スキマ時間があるのに使いこなせていないなと感じたあなたはチャンスです!

 

スキマ時間をを上手くやりくりすれば、忙しい毎日を送りながらも、充実な生活を効率よく過ごせますよ♪

 

Webライターを始めて約1年、時々こんな褒め言葉をいただくことがあります。

 

「RINZUさんって、スキマ時間を有効利用するのが上手ですね!」

「RINZUさん、いつ仕事こなしてしているんですか?」

 

そういえば、学生時代にも職場の同僚にも、ダンス仲間や友人からもスキマ時間を上手に使っていることを褒められていたのを最近、思い出しました(笑)

 

 

そこで今回は、私のスキマ活用術をWebライター編」「料理編」「運動編」に分けてご紹介していきます。

 

そして、

「スキマ活用術を組み込んだけど、続かない・・・。」

 

「モチベーションが続かない」

 

とお悩みの方に向けて、私流のモチベを保つコツもお伝えしていきます。

 

 

この記事を読んで、「これから趣味や副業を始めよう!」「3日坊主脱出したい!」と思っている方のヒントになれば幸いです!

 

 

【スキマ活用術①】Webライター編『スマホをうまく利用するべし!』

 

まずは、Webライター(副業)でのスキマの使い方についてお話していきたいと思います。

 

私の場合、Webライターの仕事は、基本平日の昼2時間~と夜3時間~が通常スタイルです。

 

土日は基本ライター業は、お休み(連絡などは即確認していますが)パソコンに向かう作業は出来ないものだと割り切っています。

 

理由は旦那が土日祝日の休みで、時間サイクルが平日のように進まないからです。

 

 

休日は1週間の買い出しや、家族でおでかけするので、この時間に執筆をする!という風にはいきません。

 

そして休日は、子供の昼寝時間がずれがち…最悪昼寝をしないこともあるんですよね。

 

だから、執筆の時間が取れないことにイラつかないためにも、基本は執筆なし!にした方が気楽♪ということに落ち着きました!

 

でも、ごくたまに、昼寝時間を平日と同じ時間に取れることもあります。

その時は、「ラッキー!」と2時間くらいパソコンに向かって作業を進めることもありますね!(^^)

 

 

さて、平日に作業していると先ほど書きましたが、現在は自宅保育で子どもを見ながら執筆をしている状態なので、一日中パソコンに向かって作業は出来ません。

 

そして、子どもがまだ小さいので、娘の寝ている時間のみしか執筆は出来ないのが現状です

 

「でも、寝ている時間なら結構時間とれるんじゃない?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。

 

結論から申しますとうちの子は寝ない子の部類でした(´;ω;)

 

(なぜ、自分が良く寝るタイプだったのに、寝ない子が生まれるのか…と常に疑問を持っていました)

 

乳児期~1歳の頃はお昼寝時間約30分が多く、夜も細切れ睡眠。

 

また、2歳頃からは長く眠るようになったのですが、寝かしつけに1時間かかる日、反対にすぐ眠るけど途中で起き上がってしまう日など、まだ安定しないです。

 

(まあ、乳児期に比べたらだいぶ楽になったので、ほっとしております…(-_-;))

 

そんな中、納期を守っての執筆は、なかなか時間が読めないので、進まない!

 

かといって納期があるのに進まないというのは困る!

 

 

そんな時に編み出したのが「スマホ執筆」でした!

 

要するに、パソコンで執筆するのではなく、ある程度をスマホで執筆しちゃうというもの。

 

方法は、スマホにGoogleドキュメントのアプリをいれておいて文章をスマホで打つ!これだけ(笑)

 

Googleドキュメントに文章を書き起こした文章は、時間が取れた時に、パソコン上で修正や仕上げを行います。

 

ちょっとした時間が空いた時、寝かしつけでそばを離れると泣いてどうしようもない時に、とても役に立ちました!

 

(え?だって、2000文字とか最低でもあるのにスマホで書けるものなの?と思った方もいらっしゃるでしょう。書けます。これも慣れです(笑))

 

実は昔から、スマホやガラケーで長文を書いていた私。

 

正直パソコンのタイピングよりも、スマホの方が早いかもしれません。

 

上手く機械をこなせれば、使い慣れたものが良いことが分かりました♪

 

 

また、最近スマホの機種変更を行い、古いスマホが手元にあるので、こちらも活用しています。

 

古いスマホは、Wi-Fiにつながっているので、スマホを2つ利用して調べ物をしながら、執筆をのスマホで…なんてこともできちゃいます。

 

なぜ、スマホにこだわっているかというと、布団の中でもできる(寝かしつけの最中でもできる)という点です。

寝かしつけ後の布団から出るのが億劫なんです(-_-;) はい。ズボラです(笑)

ですので、タブレットがやりやすい方は、そちらの方が良いかと思います(^^)

 

 

Webライターは、子育て中でも家で仕事ができるというのがメリットなのですが、やりくりが難しいですよね。

 

そんな、子育て在宅ワークの悩みあるあるを書人Maiさんが記事にしてくださっています。

 

在宅ワークの悩みの解決方法がかかれていますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

 

 

Sponsored Links

【スキマ活用術②】料理編『自分にとって効率のよいやり方を探すべし!』

 

次は、料理でのスキマ活用術を話していきたいと思います。

 

すでに、自分もやっているということがあったら、すみません(笑)

 

 

さて、私は料理は好きな方でした。

 

独身時代は実家の台所で、時間をかけて大家族分の品数を大盛りに作って楽しんで作っていました♪

 

「結婚したら、毎日料理を作るから、いろいろ献立を考えておいしい夕食の時間を楽しもう!」などと考えていたのですが…。

 

新婚の頃は、仕事終わりに疲れ切っている中、食事を作る&お腹が好きすぎて料理ができるまで自分が待てずイラつきながら作っているという状態でした(-_-;)

 

また、現在は料理する時間は十分にあるのですが、やる気はおきません…。

 

理由は、毎日の献立を考える→買い出し(大人しくしない子ども付き)→料理を作る→片付ける→エンドレスのためですね。

(独身の頃は実家暮らしで、土日休みの時間がある余裕な状態で作っていたので、好きだったんだと思います。)

 

 

毎日のことになると、好きだった料理も嫌になってしまった私…。

 

そこで、「スキマ」とやりくり術を上手く利用して、料理に対するハードルを下げました!

 

 

【やりくり術:その1】曜日別にメニューを固定化するとラクラクに!

一週間のメニューを考えるのって難しいですよね。

 

「家族にバランスの良い夕飯にしたい」

「簡単でおいしい料理にしたい」

「好きなメニューも入れてあげたい」

 

私もそう考えていました。

 

 

そこで私が実践した方法は、「曜日別にメニューを固定化する」でした。

 

例えばこんな感じです。

①メインの料理を肉魚のローテーションで決める!

  • 月:肉(ハンバーグ)
  • 火:魚(サバのみそ煮)
  • 水:肉(生姜焼き)
  • 木:魚(焼き鮭)
  • 金:肉(コロッケ)

 

このように、メインを肉魚肉魚…と先に決まっています。

 

メインの料理が決まったら、その後副菜を決めていきます。

 

私の場合は、大体魚は和食の日としていますので、煮物系がきますね♪

 

別日の肉の日は、サラダや炒め物などにして、冷蔵庫の食材を見ながら決めておきます。

 

(3品目は子どもがフルーツを食べるので、リンゴやイチゴを添えます。)

 

もう一つのパターンもあります。

 

 

②調理方法で曜日を決めておく!

 

例えば、こんな感じです。

  • 月:肉(焼く系)→生姜焼き、ハンバーグ、唐揚げなど
  • 火:(どんぶり系)→三色丼、ビビンバ丼、シラス丼など
  • 水:魚→焼き魚、煮魚、ムニエルなど
  • 木:肉(手の込んだ系)→ロールキャベツ、トマト煮、野菜肉巻きなど
  • 金:(簡単系)→市販しゅうまい、市販ぎょうざ、コロッケなど

 

 

基本的に金曜日は、私自身疲れてくるので、簡単にできる夕飯メニューにしています。

 

副菜は、さきほどと同じで、メインを見ながら煮物か野菜炒めか決めていきます。

 

 

メインと副菜では、野菜が偏ってしまうので、汁物で具だくさんの野菜を入れて調整するのがコツです。

 

これで、野菜不足の罪悪感がなくなります♪(^^)

 

この方法を取り入れてからは、ずいぶん気が楽になったと思います。

 

 

【やりくり術:その2】夕飯メニューは1週間ごと&「スキマ」に考える!

献立メニューの作り方を先ほどお伝えしましたが、こちらは毎日考えるのではなく1週間ごとに考えています。

 

理由は、買い出しが週1回にしてなるべくついで買いを防ぐため。

 

そして、子連れで買い物する場合は、旦那を出動させて買い物に集中したいためです。

 

 

献立メニューを考える時間は、いつも時間に追われているので、ほとんどスキマにやっています!

 

よくメニューを考えている時間は、平日の木曜日か金曜日の昼寝タイムの執筆時間前です。

 

なぜ、執筆前なのかというと、パソコンを起動させて、執筆するまでにかかる時間が5分くらいあるので、その時間がもったいないなーと思ったためです(^^)

 

または、朝食を食べて子どもがテレビに夢中になっている時間ですね♪

 

 

先ほどのように、曜日別にメニューをどのような感じで決めておくかというのが先に決まっているので、あまり時間がかからず決めることができます。

 

 

【やりくり術:その3】夕飯作りの「スキマ」ついでに朝食と旦那の弁当を作る

実は…私は苦手なことがあります。

 

それは、「早起き!」です(´;ω;)

 

 

朝食と旦那の弁当のために、朝早起きして作る…というのが無理です!と結婚前に旦那に言っておきました(笑)

 

結婚した当初は、フルタイムで保育士をしていたので、早番遅番と毎日バラバラの時間に起きて支度をしていました。

 

けれど、このシフト制が私の身体的に合っていないんですよね…。

 

睡眠時間が、7時間以上は欲しい所を無理やり起きているような感じだったので、早番の時は、出勤15分前まで寝ていて慌てたこともありました…。

 

無理をすると、帰ってから倒れこむように寝ていることもありました。

 

なので、朝は起きることは無理ですと伝え、ご飯に困らないように、朝食と旦那の弁当のおかずは夕食時にスタンバイすることにしました。

 

 

とはいっても、基本は、夕飯の料理を多めに作って、朝食に出して置けるようにしているだけですね。

 

お弁当は、余ったおかずをカップにいれ、自作の冷凍食品を作りつめるだけにしています。

 

(よく作っているのは、ほうれん草のごま和えやひじき煮。最近では、卵焼きもできると知り、とても便利に活用しています。)

 

ただ、こちらの方法は、私の旦那が食にそこまでこだわりがないからできる技かもしれません。

 

 

料理は毎日のことですから、やる気をなくしがちになってしまいますよね。

 

書人ぺねさんの記事では、料理の工程を減らすコツを分かりやすく解説していますので、こちらも参考にしてくださいね♪

 

 

【スキマ活用術③】運動編『時間ではなく行動で決めるべし!』

 

次は、運動のスキマ術についてです。

 

私の学生時代は、ダンスに明け暮れていましたが、今は自宅で子どもを見ながら運動しています。

 

独身時代のように週二回ダンスに通っている時間がありません。

 

一時期、ダンスに子どもを連れていって運動をしていましたが、いたずらが激しく、練習にはならない状態が続き、お休みしています。

 

 

しかし、家にいるとだらけたい&動かないというのが人間の性なのでしょうか…。

 

冬場だったということもあり、体重が激増していました(´;ω;`)

 

 

そこでワンオペの中、何とか運動時間を確保しようとスキマ時間を探して、取り組むことにしました!

 

でも、時間で決めておくと子どもに左右されてしまい、やっぱりやる気をなくしてしまうので、「行動」で運動時間を組み込みました

 

 

私の現在の生活スタイルでは、①外遊び中②外遊び後③夕飯後のそれぞれ約20 が運動時間を確保できました。

 

運動メニューは以下の通りです。

 

一つずつの活動を詳しく見ていきましょう。

 

 

【①外遊び中の20分】遊びの前後どちらかに散歩を入れる

自宅保育なので、晴れている日は必ず、子どもと外遊びに午前中出かけます。

 

その遊びの前後、どちらかに散歩を入れています。

 

だいたい遊ぶ時間は20分くらいで、遊びに満足したら、帰りにぐるっと大回りして散歩をしています。

 

反対に、ちょっと遠い公園に行きたいときは、最初に散歩をしてから公園遊びをしています。

 

子どもは、途中抱っこになりがちなので、抱っこベルトを常備。

 

約12キロのおもり付きで、散歩を頑張ります(笑)

 

 

【②外遊び後の20分】子どもの休憩時間を利用して、体操か筋トレをする

外でしっかり遊んだらおやつタイムになるので、その間私は、簡単な体操や筋トレをします。

 

メニューは、腹筋や背筋、バンザイ体操、足パカなど日によって違いますね。

 

そしてこの時間は、天候や散歩コースによりけりです。

 

外遊びで疲れている場合もあるので、自分の体力と相談しながら進めています。

 

(外遊びであまり身体が動かさなかったなと感じたら、運動を組み込んでいます。)

 

 

【③夕飯後の20分】お風呂が沸くまでの時間を利用してダンスやヨガをする

夕食後は、子どもの自由時間タイム。

 

自ら本を読んだり、おもちゃで遊びだすので、チャンス!と思い、ダンスやヨガをします。

 

曲を流していると、子どもも踊りだすので、一緒に楽しみながら踊ります。

 

私が、最近はまっているダンスを少しご紹介します!

 

興味がありましたら、真似してみてくださいね(^^♪

 

 

①タビワダンスの「うっせぇわ」

引用:YouTube

 

こちらのご夫婦は、比較的簡単な振り付けでダンスエクササイズを投稿しています。

 

ご紹介した「うっせぇわ」は歌いながらやるとかなりハードです(笑)

 

こちらの他にも、上半身だけの動画や3曲続けてやるダンスもあります。

 

流行りの曲や、アニメ曲、リクエスト曲など様々なジャンルのダンスがありますので覗いてみてください。

 

 

 

Josh & Bamui の「ダイナマイト」

引用:YouTube

 

韓国男女ペアのダンスYouTuber。

 

ハンドクラップダンスで、かなり有名になったので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

ダンス振り付けは少し高度な部分もありますが、毎日練習すると踊れている気分になります♪

 

 

 

③【公式】秘伝ラーメン体操

引用:YouTube

 

また、こどもと一緒に踊るなら、こちらの秘伝ラーメン体操もおすすめです!

 

うちの子ども(2歳)も歌いながら踊っています(笑)

 

そして、ラーメンが食卓に出ると、必ず歌いだします。

 

ラジオ体操風の動きなので、ゆっくり伸ばしたい方、初心者の方にもおすすめです。

 

 

 

また、ヨガがしたいなと思ったら、私はこちらの方の動画を見ながらやっています。

 

B-lifeのヨガストレッチ

引用:YouTube

 

こちらの方は、B-Lifeのマリコさんという方で、ヨガ関連の本も出版されています。

 

また、ヨガだけではなく、様々なフィットネスを行っている方です。

 

最近は、ご出産されたそうで、妊娠中は、マタニティヨガの動画もありました!

 

妊娠中に体を伸ばしたいと考えている方は参考にしてみてくださいね♪

 

引用:YouTube

 

様々な動画をご紹介してきましたが、これらを毎日必ずこなしているというわけではありません(-_-;)

 

どうしても、「さぼりたい」「楽したい」という気持ちもあります(笑)

 

なので、一日中運動しなかったということにならないようにするために、予備の時間を入れていると説明すれば良いでしょうか?(笑)

 

必ず一日のうちのどこかの時間に運動をすること!

 

そして、3つ出来たら自分を褒めよう!というスタンスでしています(^^♪

 

この方法なら、挫折しないで毎日取り組むことができました。

 

 

挫折してしまうという方は、まずは15分だけ!いや、1工程だけ!と簡単なものから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

もちろん、ウォーキングやランニングをしてみてもいいですよね♪

 

書人きいろのはなさんが、産後ランニングを夫婦で楽しむための作戦を記事にしていました!

 

夫婦で産後、ランニングを再開するには?と話し合いがかかれています。

 

子育て中にランニングをしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

 

 

 

【継続力】私流!モチベーションを保つ秘訣とは?

 

スキマ活用方法を様々お伝えしてきましたが、私も初めからできていたわけではありません。

 

何度も失敗して、ようやくこの方法を編み出しました。

 

私の性格上、ヤル気があれば集中して物事に取り組めるのですが、何事も始めるまでが面倒くさがりなんです。

 

しかし、上手く時間に組み込められれば、続けることができました。

 

でも、なかなか続けることって難しいですよね。

 

どうして、続けることができたのか?

 

また、どうやってモチベーションを保てているのか書き出してみました。

 

 

私流!モチベーションを保つ秘訣!
  • ハードルを低くする
  • 時間で組み込むのではなく、必ず起こす行動に組み込む
  • タスクを書き出し、今日の積み上げをツイートする
  • 出来たら大げさに自分を褒めるツイートする
  • 全部クリア出来なくても自分を責めない
  • 自分の興味のある人や憧れの人を見て真似てみる

 

では、ひとつずつ見てみましょう。

 

 

【秘訣①】ハードルを低くする

Webライターの場合、パソコンに向かうまでが億劫で、なかなか執筆までに苦労しました。

 

(執筆を始めちゃえば、何時間でも集中するんですが、始めるまでが億劫だったんですよね…。)

 

そこでスマホ執筆をすること!私にはこれがやっぱり合っていました(^^♪

 

スマホですぐ執筆に、取りかかれる状態になったのがよかったのでしょう。

(ちなみにこの文章も、スマホで書いています。)

 

運動の場合は、毎日同じメニューでやると決まっていると、ヤル気がなくなってしまいます。

 

そこで、

(1)その日の調子に合わせてメニューを変更

(2)3つの時間のどれかにやればOKとした

 

ちょっとだけでも運動したら〇にしました。

 

その方が私には合っていたようで、約半年この運動スタイルが続いています(^^♪

 

料理の場合も同じで、朝がダメなら夜に変更し、やる気のある時間帯に変更することで続けることが出来ています。

 

 

【秘訣②】時間で組み込むのではなく、必ず起こす行動に組み込む

私の場合、始めはやる気があっても、時間がずれるとやる気をなくすこともありました。

 

育児中は、イレギュラーなことが多いので、予定通りいかないことが多いですよね。(-_-;)

 

そこで、必ず起こす行動の後に組み込むことで、ルーティン化しました。

 

私の場合は、外遊び中の散歩と遊び後の休憩中、夕飯後のお風呂が沸くまでの時間でした。

 

行動に組み込むことで、習慣化すると自然と「やらなきゃ!」という気持ちになります。

 

 

執筆の場合も、娘が寝ている時間と決めているので切り替えてやるという習慣が身についてきました♪

(たまにスマホや動画をみてしまうこともありますがね(-_-;))

 

 

【秘訣③】タスクを書き出し今日の積み上げをツイートする

これは、私のTwitterルーティンですね。

 

今日の予定を、その日の朝にツイートします。

例えば、こんな感じです。

 

引用:Twitter

 

 

引用:Twitter

 

このように、#今日の積み上げ として今日のスケジュールを箇条書きしておきます。

 

朝に書いておけば、今日することの予定表代わりになりますし、このタスクを完了できるようにしないと!と思い、ダラダラ過ごす事をある程度は防ぐことができました。

 

 

【秘訣④】出来たら大げさに自分を褒めるツイートする

引用:Twitter

 

引用:Twitter

 

こちらも、Twitterを利用してモチベーションを上げています。

 

題して、「みんなに見てもらう作戦!」で、コメントがきたらラッキー!というスタンスで、出来たら大げさに褒めたり、報告したりして楽しみながら書いています。

 

 

【秘訣⑤】全部クリア出来なくても自分を責めない

もちろん、上手く進まないこともあります。

 

(ツイートに「上手く出来なかった」と書いたこともありました。)

 

引用:Twitter

 

少し落ち込みますが、明日また頑張ろうと気持ちを切り替えて取り組みます。

 

 

【秘訣⑥】自分の興味のある人や憧れの人を見て真似てみる

私は、副業で成功している人やダイエットを頑張っているYouTuber、料理でも簡単で見た目が美しい夕飯を作っているインスタグラマーなど、よくフォローしています(^^♪

 

時間がある時や、自分自身の出来なさに少し落ち込んだ時は、Twitterや動画をみて心を整えます。

 

頑張っている人を見て、自分が成功しているイメージを持ち、「よしがんばろう!」と気持ちを切り替えて取り組んでいます。

 

 

Sponsored Links

【スキマ活用】ズボラママでも出来た!やりくり術とモチベの秘訣とは?まとめ

 

今回は、私のスキマ術を「Webライター編」「料理編」「運動編」に分けてご紹介し、私流のモチベーションを保つコツもお伝えしてきました。

 

皆さんにも、真似できそうなことがありましたでしょうか?

 

参考になったら嬉しいです!

 

また、「こんな方法もいいと思うよ!」ということがあったら、私も真似しようと思います(^^♪

 

まずは、スキマ時間があったら自分は何をしたいのか?ちょっと考えてみてくださいね。

 

決まったら、スキマ時間を探してみましょう!

 

ダラダラスマホやYouTubeを見ている時間があれば、とりあえず減らすこと!(^^♪

 

そして、やりたいことを分割し、スキマ時間にどのような作業ができるか考えましょう。

 

その作業は頭で考えた時間割で、本当にできるのか試してみてくださいね。

 

最後に、スキマ時間にこれをやると決めたら続けてみましょう♪

 

継続する秘訣はハードルを低く、毎日の行動の中で区切ること」です。

 

 

この記事を読んで、「これから趣味や副業を始めよう!」「3日坊主脱出したい!」と思っている方のヒントになれば幸いです。

 

あなたも、スキマ時間を活用して、充実した毎日を過ごしてくださいね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

 

Sponsored Links
この記事を書いている人 - WRITER -
元保育士の主婦ライター。現在は、育児に奮闘しながらライター業を開始。 保育士資格・幼稚園教諭免許状保有。趣味は、小学校から習っているダンス。心と身体の健康を模索しながら、スタイル&体力の維持を研究中。「子どもとの時間を大切に」し、在宅で稼ぐことが目標です。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. wakka より:

    お疲れ様です。
    記事を読ませていただきました。

    私は、本当に時間の使い方が下手なんです!
    朝「今日はこれとこれを終わらせて…」と計画してもその通りに終わらずに、
    時間はあったのに「何をやっていたんだろう」と軽く落ち込むこともしばしば。

    RINZUさんの記事を興味深く読みました。
    「スキマ時間の活用」確かに少しの時間でも積み重なると結構な時間を私はムダにしていたなと実感しました。
    ハードルを低くするというのも、取り掛かるまでに時間が掛かる私にはとても参考になりました。

    ずっと記事を書いていると、肩こりや運動不足が気になります。
    YouTubeを見て体を動かせば、気分転換になるし有効な時間の使い方ですね!
    キッチリ終わる時間が決まっているところも良いですね。

    充実した一日が過ごせるように、スキマ時間や段取りをもっと意識してみようと思いました。
    大切なことに気づかせてくれる、素敵な記事をありがとうございました。

    • RINZU より:

      wakkaさん♪記事を読んでくださりありがとうございました!

      時間を有効的に使う事ってとても難しいですよね。
      頭で計画していても、予定通りに進まないことも多いですよね…。
      私も予定詰め込み過ぎて、全然ノルマ達成出来なかった日もあります(^_^;)
      けれど、失敗を繰り返して自分が一日で出来る量が分かってくるんだなぁとも気がつきました(^^)

      パソコン作業は、肩こりになりますよね(^_^;)
      パソコン作業の気分転換に腹筋30回や肩回し前30回後ろ30回など入れて、頭をリセットするのもおすすめです♪運動もできて一石二鳥ですよ(^^)

      コメントいただき、とても嬉しいです!ありがとうございました♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 書人百花 , 2021 All Rights Reserved.