現場叩き上げのSEOライター集団の情報発信サイト

『道ばたの小さな草花図鑑』すぐ隣にある小さな自然を知る楽しみ!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心旺盛な主婦ライター。お花屋さん店長や、派遣で事務職、ベーカリーカフェでパンを焼く仕事などなど、様々な職業体験を経て現在は早朝パートとライター業をかけもちしています。読んだ方の「気分転換」や「何かを始めるきっかけ」になるような記事をお届けしたいと思います。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちはwakkaです。

読者の皆さま、突然ですが植物はお好きですか?

  • 草花の美しい色を見ていると心がなごむ
  • 身近に自然を感じると癒される
  • 部屋に植物を飾ると気分がいい

などなど植物を育てたり、鑑賞したりするメリットはたくさんあります。

 

しかし植物は生き物です、お世話をしなければ枯れてしまいます。

これがなかなか大変!

  • 水をあげたり、肥料をあげたりするタイミングがわからない
  • 気付いたら枯れていてすごい罪悪感
  • 小さな子供がいるので飾る場所に気をつかう

いざお部屋やお庭に植物を迎えようと思うと、面倒になってしまうことってありますよね。

 

そんな読者の皆さまに、おすすめしたい本があります。

それは『道ばたの小さな草花図鑑』です。

 

道ばたの植物は、一切お世話の必要なし!

枯れてしまっても気にすることはありません。

誰のものでもない草花ですから、気楽に楽しむことができますよ。

 

『道ばたの小さな草花図鑑』を読んだ私の感想は以下の4つです

  • 植物の名前や魅力を知る
  • 植物のしたたかさに感動
  • お金が掛からない趣味、植物観察
  • 自然に触れて心が豊かになる

 

まずは『道ばたの小さな草花図鑑』の内容をご紹介します。

 

『道ばたの小さな草花図鑑』ってどんな図鑑?

 

こちらの本は、図鑑とタイトルが付いていますが、写真ではなくイラストで道ばたの草花を紹介している本です。

著者:一日一種さん

元野生生物調査員の一日一種さんは、植物に限らず動物や昆虫など身近な生物の魅力をかわいらしいイラストで紹介しています。

生物に関する豊富な知識をわかりやすい言葉で伝えてくれます。

 

引用:Twitter

こちらのTwitter【アスファルトに(も)咲く身近な花図鑑】がとても好評で書籍化のお話が出たそうです。

 

そして『道ばたの小さな草花図鑑』が2021年にブティック社より出版されました。

 

引用:Amazon

♢ざっくりあらすじ♢

外を歩けば街中でも目にするような草花が、季節ごとに紹介されています。

 

こういった種類のポケット図鑑ってよくありますよね?

ところがこちらの『道ばたの小さな草花図鑑』少し違います。

 

草花に来る虫や、種子の飛ばし方といった少し変わった情報が網羅されています。

似たような名前の草花の見分け方や、大きさの比較も掲載されています。

かわいいいイラストですんなりと読めるのに、情報量がとても多くて何回読んでも楽しめる本です。

 

内容は図鑑ですが、ストーリ―仕立てになっています。

冒頭テレワークで家に籠っていてストレスが限界を迎えたお父さんと、娘さんの会話で始まります。

 

娘さん:「お父さん外に出て少しは運動して、気分転換すれば」と呆れられ、

「まるでブタだよ」とまで言われます。

 

お父さん:「こんな社会情勢じゃろくに外出もできないんだから」

と渋っていたお父さんも、道ばたの植物観察の楽しさに目覚めて近所の散歩が日課になります。

 

本の終わりに、そんなお父さんにある変化が訪れています。

ささやかな感動と見事なオチが!

気になった方は、是非『道ばたの小さな草花図鑑』を読んでみてくださいね。

 

『道ばたの小さな草花図鑑』を読んで

 

私がこの本を読んで初めて知ったことはたくさんあります。

道ばたでよく見るけど気にも留めなかった植物の魅力を知りました。

例えば割と名前を知っている人が多い、シロツメクサです。

文章の部分だけ抜粋して紹介します。

 

シロツメクサ(マメ科)クローバーの呼び名のほうが有名かもしれませんね。

四葉のクロ―バー/それぞれの葉は誠実、希望、愛、幸運を示す。

突然変異や踏みつけなどによって発生。

(四葉のクローバーは)一万分の一とも言われますが、環境によっては意外と容易に見つかります。

欧州からの輸入品の詰め物として使われていたことから「詰め草」の名前がつきました。

赤い花の「アカツメクサ」もあります。

引用:『道ばたの小さな草花図鑑』著:一日一種/ブティック社

 

四つの葉それぞれに意味があるなんて知りませんでした。

誠実、希望、愛があれば、私はそれだけで十分です!

三つ葉のクローバーもなんだか愛おしくなりました。

 

一番驚いたのは、名前の由来です。

「詰め物」の「ツメクサ」だったなんて…初めて知りました!

(お恥ずかしながら)ず~っと「白い爪」のことだと思っていましたよ。

余談ですが、別のページに「爪草」も載っています。

 

本を読むと名前も知らない「雑草」だと思っていた植物も、驚くほど魅力にあふれていることに気付きます。

子供さんと公園で遊ぶとき、お散歩のとき見つけた植物の魅力をお話してあげたら一緒に楽しめますね。

 

道ばたの小さな草花のしたたかさ

 

この図鑑を読んで、小さな草花の名前や特徴を知ることができました。

もう一つ気付いたのは、植物のしたたかさです。

 

道ばたやアスファルトのすき間に根を張って生きている草花。

私たちのすぐ近くに、生存と種の繁栄をかけた競争を繰り返している植物の世界がありました!

『道ばたの小さな草花図鑑』をパラパラと眺めると、

 

スミレ

スミレの種子にはエライオソームという、アリを誘引する物質がついています。

これにより、スミレはアリに種子を運んでもらうことができます。

 

オオバコ

他の植物は生えないような、人間に踏まれやすい場所に多く生えています。

道の真ん中などにも…

維管束が丈夫で、踏まれてもちぎれない。

(葉を)引っ張ってみるとその様子がよくわかる。

種は濡れるとねばねばして、靴の裏について運ばれる。

引用:『道ばたの小さな草花図鑑』著:一日一種/ブティック社

 

虫や人間を利用して種を遠くへ運び仲間を増やそうとしています、驚きました。

植物が、

  • なぜ美しい色をしている?
  • なぜ変わった形をしている?
  • なぜその場所に生きている?

全ての答えは種を広め、生き残るためだったのです!

虫を呼ぶ色をしていたり、トゲをもっていたり、ライバルが少ない場所にあえて生える植物まで。

 

独特な機能をもって、それぞれの植物は強くしたたかに生き抜いています。

私はそんな姿に驚き、感動しました。

 

趣味としての「道ばたの小さな草花観察」

 

私は『道ばたの小さな植物図鑑』を読んで、掲載されている植物を実際に見てみたくなりました。

図鑑に載っている草花は外を歩けば簡単に見つけらます。

 

読者さまも趣味として「道ばたの植物観察」始めてみませんか?

気が向いた時にいつでも始めらます、お金も掛かりません。

身近な雑草を「観察」することで日常に気付きや癒しがやってきますよ。

 

一日一種さんは、あとがきの中でこのように書いています

 

あまり気分がのらなくても、意識して太陽の光を浴び、外の空気を吸い、体を動かすことは、年齢に関わらず、健康に生きていくために絶対に必要なことです。

引用:『道ばたの小さな草花図鑑』著:一日一種/ブティック社

 

いつものお散歩に植物観察を取り入れてみませんか?

 

また親子で公園で遊びながら、植物観察するのはいかがですか?

子供さんとのコミュニケーションに、きっと役立つことでしょう。

身の回りの自然に気付くことは、子供たちの好奇心を刺激しますね。

 

趣味としての植物観察をするときの注意点!

 

道ばたの植物は、誰のものでもない雑草です。

しかし、きれいだからと言って勝手に持ち帰ったり、摘んだりすることは止めましょう!

 

『道ばたの小さな植物図鑑』で紹介されているのは、

 

オオキンケイギク

夏になると土手を黄色に染め上げる特定外来生物

注意!特定外来生物なので、キレイだからと言って持ち帰ったりすると法律違反になります。

※個人では3年以下の懲役、もしくは300万円以下の罰金

気をつけましょう

引用:『道ばたの小さな草花図鑑』著:一日一種/ブティック社

 

このような植物もあります。

その場所に根を張って、懸命に生きている姿を観察するだけにしましょう!

 

植物観察をするときは、車や人の往来を妨げないように気をつけてくださいね!

 

『道ばたの小さな植物図鑑』を読んでまとめ

 

『道ばたの小さな植物図鑑』をご紹介してきました。

 

お部屋やお庭に植物を飾らなくても、道ばたに生えている小さな草花に目を向ると違った世界が見えてきます。

 

気にも留めなかった「雑草」にはそれぞれ名前があり、特徴があり、魅力がありました。

何とか種を広げようと、虫や人間を利用するしたたかさをもっています。

 

『道ばたの小さな植物図鑑』を読んで、身近な植物を観察してみてはいかがでしょうか?

  • いつもの散歩で見かける植物をじっと観察する
  • 親子で遊びながら植物を観察する
  • 趣味として植物を観察する

散歩をするとき、公園で遊ぶとき、日常に小さな楽しみがプラスされますよ。

雑草の見方が変わって、きっと発見や癒しが得られます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
好奇心旺盛な主婦ライター。お花屋さん店長や、派遣で事務職、ベーカリーカフェでパンを焼く仕事などなど、様々な職業体験を経て現在は早朝パートとライター業をかけもちしています。読んだ方の「気分転換」や「何かを始めるきっかけ」になるような記事をお届けしたいと思います。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 書人百花 , 2021 All Rights Reserved.