集客自動化の仕組みを一緒に作りませんか

書人小島かなえ|輸入商社で働く兼業ライター/Google検索上位記事あり/SNSでの収入月5桁継続中/添削100件以上/個人ブログ運営中

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
お金を稼ぐことが大好きな働く主婦。 会社員と副業の両立、つまり「複業」はできないものかと試行錯誤中。 頑張るあなたの背中を押す!そんな記事を書いています♡
詳しいプロフィールはこちら

 

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

フルタイムで働きながら副業でライターをしている小島かなえと申します。

 

この記事では私がなぜライターになったのか、どんな人物なのかを紹介させていただこうと思います。

お時間あるときに、ぜひご覧くださいね。

 

小島かなえの人となり:なぜライターになったのか

 

私がライターを目指したきっかけは、子どもの生活環境を整えてやりたいと思ったから。

最初はただそれだけでした。

 

今から数年前、子どもが肺炎になり入院しました。

保護者の付き添いが必要だったため、私と夫は交互に休みや半休を取り対応するつもりでした。

しかし、病院にそれを伝えると「NO」と言われてしまったのです。

女性しか付き添いで泊まることはできません、と。

 

正直「なんで」「どうして」「男女差別」と思いましたが、どうしようもありませんでした。

 

そこから、私は自分の仕事と家族について見直しました。

もちろん仕事より家族が大切です。

仕事には愛着がありましたが、皮肉にも子どもの入院により「私がいなくてもなんとかなる」とわかりました。

 

実はこの入院の件だけでなく、子どもを長時間預けて働くことにも疑問を抱いていました。

また、進学予定の小学校の学童保育はかなり狭く、プレハブ小屋1錬のみ。

そこで私は娘の保育園卒業・小学校入学を機に会社を辞めライターの仕事を始めることにしたのです。

 

現在は本業をしながら、夜間に記事を書いています。

子どもはあと2年で小学生になります。

それまでは副業としてライターの実績を積むことにしました。

 

 

さまざまな縁があり、昨年12月にライターとして開業。

今年はさらにライターとして飛躍したいと感じ……

 

最初は「子どもために」と考えていました。

でも、最近はライターとして執筆することがとても面白いのです。

きっかけは子どものためでしたが、今ではライターを続ける理由の中に「自分のため」も入っています。

 

これが、私です。

まだライターは本業ほど時間を割くことはできません。

未だに「理不尽なこと」に翻弄されることも多いです。

 

しかし、一歩一歩着実に、ライターとして進んでいます。

ぜひよろしくお願いします。

 

【スキルや趣味など】

  • 接客業・販売業の経験あり
  • 商社で輸入担当10年ほど
  • 映画やテレビゲームが好き
  • 読書はライトノベルから推理小説、伝記ものなど乱読派

興味があることは挑戦するタイプです。

 

【!添削サービス売り出し中!】

基本的に褒め9割です。

詳しくはこちらの書人マルシェにてご確認くださいね。

 

添削の様子はSBCサイトにて確認できます。

 

どうぞよろしくお願いします♪

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
お金を稼ぐことが大好きな働く主婦。 会社員と副業の両立、つまり「複業」はできないものかと試行錯誤中。 頑張るあなたの背中を押す!そんな記事を書いています♡
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 書人百花 , 2020 All Rights Reserved.